人は感情に従った言葉を使う

人は、感情に従った言葉を使う。

人は、感情がおこって、そして言葉を発する。

プラスの感情の時は、プラスの言葉を発する。

マイナスの感情の時は、マイナスの言葉を発する。するとマイナスを引き寄せる。

だから、感情の赴くままに言葉を発するのは、問題がある。なぜならマイナスの感情時には、人間関係がマイナスになってしまう言葉になってしまうからだ。

だから、マイナス感情時には言葉を選ぶ必要がある。そこが訓練である

演技でも、マイナス感情時にプラスの言葉を使うようにする。

感情と言葉は双方向で作用する。自分の言葉は自分でコントロールできる。言葉をコントロールできると、自分の感情をコントロールできる。

ある状況に関して、自分が「負けたきがする」「損してる気がする」という感情がわいてくる場合がよくある。その時に「ばかやろー」とか「このやろー」となる。その気持ちもわかなくはない。

でも、本当に「負けてる」「損してる」のか?

人生はいかに楽しくあるかが問題であって、勝ち負けではない。

そんな気持ちが出てきたときは、自分の人生の最後の瞬間から考えたらよい。

あなたの死ぬときは、どのような状況だろうか?

周りの景色はどうなっているだろうか?

誰があなたの顔を見てくれているだろうか?

その時、あなたは何というだろうか?

「バカヤロー」と言いますか?「コノヤロー」といいますか?

私は断言します。あなたは確実に死にます。その瞬間は、あなたが思う以上に早く来ます。

さあ、あなたの人生とは何ですか?

欲望? 権力? いや違う。

笑顔の量です。それだけです。もうあなたは気付いています

正直になりましょう。肩の荷を下ろしてください。

誰もあなたを責めません。

あなたはあなたの持っている魔法 ”言葉” を有効に使って幸せになりましょう。

 
 
 
最新情報をチェックしよう!
>個人鑑定のおすすめとご案内

個人鑑定のおすすめとご案内

あなたの本来の生き方と幸せをサポートします。 あなたのホロスコープを知り、あなたの味方にしましょう。