【妄想】縄文に還ろう!!

現在、時代は大激変中である。

今あるものが崩れていき、新しいものが現れる。

大きな変化があるときは、どうしても不安になる。

「どうなってしまうのか?」「どうしたらいいのか」と将来に向けての不安が頭をよぎる。

 

先の大戦で焼け野原になったとき

「なにもかも無くなったから、もう終わりだ」といった人と、「なにもかも無くなったから、これから物が売れるぞ」と思った人の二通りがある

これからもそうだ。567は「新縄文時代」が来ることを告げているのだ。

今までの時代は「過去事例」を「理性」で考え「計画」し、「行動する」のだが。これからの縄文時代は過去事例なんて考えてはだめ。

「こんな世界があればいいよね」と妄想し、「ウキウキ」の感情で行動する。これを繰り返せばよい。

そんないい加減なことでこれから生きていけるか!という人は、「そんないい加減なことでこれから生きていけるか!」という世界で生きることになる。

縄文人は渡来人が来たとき、争わず一部は北海道に行きアイヌになった。もう片方は南に行き沖に行った。(沖に行った縄文人で「沖縄」である)

今回はどうなるか?

高層ビルのたとえがあるが3階の人と4階の人は上から見ると同じ場所に居るが会うことがないというように、違う周波数でいると逢うことがなくなってしまう。

だから、まず「ウキウキ」する周波数を出し、量子場を揺らすことから始めよう。

「どうなってしまうのか」よりも「どうするのか?どうしたいのか?」を考えよう!

自分の生きたい人生の量子場を作り出そう!縄文に還ろう!

そう地球さんは言っている。(と、妄想している)

最新情報をチェックしよう!
>個人鑑定のおすすめとご案内

個人鑑定のおすすめとご案内

あなたの本来の生き方と幸せをサポートします。 あなたのホロスコープを知り、あなたの味方にしましょう。