【妄想】令和時代を考えてみる

春のぼーっとした頭で「令和時代」を考えてみた。

「令和」とは何か?

令和の令とは神の前でひざまずいて神託を受けているという事らしい。

和とは「和を以て貴しとなす」の和で「大和」の和です。

和とは円で、円はエネルギーを表します。

つまり、令和時代とは、個々が神のエネルギーを受け自立し行動する時代になる、ということ。

エネルギーとは人でいうとチャクラを活性化したトーラス状の形のことです。

このトーラス状のエネルギーは人にもありますが、同時に地球にもあります。また、大きいトーラスは天の川銀河のものもあります。

天の川銀河のトーラスは銀河の中心(フナブク)から、人の心臓に届いています。

人のトーラスが活性化すると、人は「天と地」をつなぐ存在となります。

知識や経験ではなく「なんとなくこうではないか?」という直感が働く。それが人を導く指針となる。

それは権威や命令ではなく,恐れや不安ではなく、「よくわからないけど、これがいいような気がする」というアヤフヤナ、でも、胸から沸き起こる感情です。

令和時代とは、一人一人が天と地をつなぐものとなります

天とは神の世界というか、神妙なる世界のことです。地とは物質世界というか、私たちのいる3次元世界のことです。

前時代は、救世主的な一人の人が天と地をつなぎ、大勢の人を導くというような世界でしたが、今からは、一人一人が自分の感性で動くようになって行きます。

ですから、人を導くという意味での国家と指導者はいなくなっていきます。

その変化が大きくわかりやすい形で現れるのが、中国共産党とアメリカ合衆国です。大きく協力な権力を持った政府は、あっという間に解体されるでしょう。

現時点(2020年5月後半)では、そんなことになるとは思っていなかったということが、次々と起こっていきます。2020年後半は、コロナウイルスの第二波、第三波と、バッタや蛾による複合的な試練が来る可能性があります。

日本も複数のグループに分かれる可能性があります。日本の場合、皇室が西に移動したときは誰の目にも明らかな状態になっていると思います。

それでも、何も恐れることはないと思います。むしろ、わくわくすることです。

全ては自然に返ろうとしているだけだから。

最新情報をチェックしよう!
>個人鑑定のおすすめとご案内

個人鑑定のおすすめとご案内

あなたの本来の生き方と幸せをサポートします。 あなたのホロスコープを知り、あなたの味方にしましょう。