おばあちゃんの知識が最新の科学であった

全てはフォトン(光子・素粒子の一つ)です

フォトンは以下の3つの性質がありますと本に書てあった。

  1. 粒であり波である
  2. 時間の概念がない世界である
  3. 別々の場所に同時に存在する

と、言うことはここから私の妄想になるが、量子力学の常識は、

今まで宗教が言っていた「あの世」の仕組みだと思う。

今まで「霊魂」・「あの世」と言っていたものは「素粒子」・「ゼロポイントフィールド」と言い換えれればいいのではないか?

シュレディンガー方程式で有名なシュレディンガーはヒンドゥー教を学んだ。

ボーアは道教を学んでいたという。

今までつかみようのない「心(感情や良心や不満の心)」は、「フォトンの振動数である」で話が終わる。

フォトンの振動数はエネルギーである。エネルギーは循環する。

肉体という形態は焼かれて灰になるが、素粒子の側から見れば何ら変わることなく存在する

今、思ったこと、感じたことの一瞬もフォトンの振動数となってこの空間に放たれ、残るのである。

人を呪わば穴二つ

情けは人のためならず

昔から言われていた言葉は既に最新の科学であったのだ。

最新情報をチェックしよう!
>個人鑑定のおすすめとご案内

個人鑑定のおすすめとご案内

あなたの本来の生き方と幸せをサポートします。 あなたのホロスコープを知り、あなたの味方にしましょう。