いいも悪いもないという話

スピリチュアル的な人が言う決まり文句「いいも悪いもない」。

私も、よく言います。

でも、これを言えば必ず反論されます。

「では、人を殺していいんですね?」と。

これは、極論ですが、私はこう返します。

「殺してもいいと思います」

ただ、と私は続けます。

「ただ、それでは知恵が足りません。

今は戦国時代ではありません。

人を殺めると逮捕され、それなりの代償を払うことになります。

その経験も人生として無意味だとは思いませんが、それは本心ではないでしょう?

だから、人を殺すというのは短絡的で知恵のない行為です。」

自分も含めて多くの人が望むことが本心です。

本心に素直になることが一番大事です。

そこに「良い悪い」というルールを加えると本心が曲がってしまいます

人間の本心は”生かす”という方向に向かいます。

人を殺めるとか騙すというのは本心にはなりません。私はそういう人に会ったことがないからです。

確かに現代社会には「ルール」があり、それを否定するものではありません。

しかし、私たちはそれ以上の見えない心のルールをつくって自分をがんじがらめにしています。

今、時代は大きく変わっています。

私たちは、今まで自傷行為をしてきました。それを今やめるべきです。

それが「良い悪いはない」ということです。

最新情報をチェックしよう!
>個人鑑定のおすすめとご案内

個人鑑定のおすすめとご案内

あなたの本来の生き方と幸せをサポートします。 あなたのホロスコープを知り、あなたの味方にしましょう。