秋の田の匂いを嗅ぐと、童心に帰る。

秋の田の

仮庵(かりほ)の庵(いほ)の

苫(とま)をあらみ

わが衣手(ころもで)

露にぬれつつ

 

小倉百人一首の1番。天智天皇の歌である。

 

京都亀岡は今稲刈りのシーズンである。

 

この時期は、稲穂の独特のにおいがする。

匂いというのはタイムマシーンである。

一瞬にして、その匂いがしたシーンを脳裏にフラッシュバックさせる。

 

秋の刈入を終えた籾の袋をいっぱい積んだ台車を、耕運機で引っ張ってあぜ道を帰路につく夕方。

 

荷物の上に寝そべり、顔面いっぱいに広がる高い秋の雲を見ると、

雄大な気持ちになると同時に、なぜかうら悲しい気分になったものだ。

 

夏の空はエネルギッシュでたくましいが、秋の空は、雲も自分の家に帰っていくような、誰もいなくなるようなそんな気がした。

あの雲は、どこにかえるのだろう。あの雲はひとりぼっちではないのかしら・・・・

 

あなたも、せかせか歩く歩みを止めて、遠い思い出の中にあるような、秋のワンシーンに思いをはせてみるのもいいかもしれない。

 

最新情報をチェックしよう!
>個人鑑定のおすすめとご案内

個人鑑定のおすすめとご案内

あなたの本来の生き方と幸せをサポートします。 あなたのホロスコープを知り、あなたの味方にしましょう。