日本語のすばらしさ「いただきます」

この年になって日本のすばらしさを再発見した気がするが、

では、何が一番素晴らしいかというと、

日本語である。

ドラえもんを英訳した時のはなしである。

食事のコマでのび太が「いただきます」と言う。

英訳は「Let’s eating」である。

違う!そうではない!!

表面はそう見えるが、意味が違うのである。

 

日本語と英語を比べて見てみると、

日本語は、見えない何かに対して意味を付けているのが解る。

 

おかげ様 というやつだ。

 

おかげ様は、陰であるので表面には出てこない。現れない。

それは、親かも知れないし、恩師かも知れない。

それは現時点かも知れないし、遠い未来かも知れないし過去かもしれない。

日本語は主語がないことがあるので、全方向(東西南北過去未来)に対しての言葉になりうる。

そう思ったときに、「ああ、日本語はいいなあ」と思うのである。

最新情報をチェックしよう!
>個人鑑定のおすすめとご案内

個人鑑定のおすすめとご案内

あなたの本来の生き方と幸せをサポートします。 あなたのホロスコープを知り、あなたの味方にしましょう。