多くの人が、この本で変わった。津留晃一コンセプトノート

本棚にあった古い本を多く捨てたが、

この本は置いておけばよかったと後悔する一冊が

津留晃一さんの

「多くの人が、この本で変わった。」

である。

こちらで販売している → 栄光舎

私は30歳代くらいに読んだから、もう20年以上前である。

読書後の感想としては、

「なんじゃこら???」

と、思った(と思う。20年以上前だからうる覚え)

この手の本を読めば、やる気が出て積極的になって、より運が良くなる・・・・

と思うが、そうではない。

読後無気力になった気がする。

”いいも悪いもない。”

”問題に意識を向けてはならない。”

”問題を解決しようとするから、問題となる”

というスタンスは、当時の私には斬新すぎて受け入れられなかった。

この後、津留さんの本や あまちゆうと さんの本を数冊読んだが、

本としてはシルバーバーチや、谷口 雅春さんや、五井昌久さんのほうが面白かった。

当時の私には、壮大な歴史や天下国家、イギリスの神秘なオカルトの世界に胸躍らしていた。

対して、津留晃一の世界は夫婦仲、恋人との不和など、あまりにも近しい日常のエピソードがほとんどであった。まるで昼ドラをみているようであった。

しかし、50も半ばになってわかることがある。

人生は習慣である。

素晴らしい成功があるとすれば、それも習慣である。

人生を決定的に、劇的に変える魔法の言葉はない。いや、

人生を変える言葉はあるのだけども、その言葉も習慣という土台の上に成り立っている。

津留晃一さんが行う人生を変える手法とは、M2とかの手法を使うが、

しかし、ポイントは日々の気付きである。

日々の気づきが人生好転の唯一の道である。

すぐには変わらないかもしれないが、あなたの人生をどこかで変える一冊になる可能性がある。

最新情報をチェックしよう!
>個人鑑定のおすすめとご案内

個人鑑定のおすすめとご案内

あなたの本来の生き方と幸せをサポートします。 あなたのホロスコープを知り、あなたの味方にしましょう。