コミュニケーションタイプを意識しよう。アサーションとは?

コミュニケーションは大事だと言いつつも、うまくできているのか?ってのは、何時も不安になるということ、ありますよね?

ネットを見ていて、参考になるなと思う記事があったので、私の備忘録のためにまとめました。

3つのコミュニケーションタイプがあると言われています。

1つは、アグレッシブタイプ。

アグレッシブは「攻撃的な」という意味です。

自分の意見ばっかり言って、相手の意見を聞かないタイプ。これは、自分の意見を聞いて欲しい、他人よりも優位に立ちたいという意欲があるため、自分の主張を押し通したり、相手を操作しようとする特徴があります。

自分の意見をはっきり言うことが出来ますが、周囲と軋轢を生んでしまうことも少なくありません。

2つ目は、ノンアサーティブタイプ。

ノン・アサーティブは、アグレッシブとは反対で、相手のことばかりを考え、自分をないがしろにするタイプの事です。

やさしい人がそうなりますが、人間関係でストレスを抱え込むことも多い。

また、責任回避をしてしまったり、言い訳が多い傾向にあるといいます。

3つ目はアサーティブタイプ。

相手と相互に関係を築く理想的なタイプ。

自分だけが意見を言うわけでなく、相手の話も聞きつつやり取りできる。

では、どのようにトレーニングすればいいのでしょう。

一般的な方法として、以下の3つがあげられます。

DESC法

アサーションスキルを体系的にまとめた方法で、アサーションを以下の4つに分類しています。

Discribe(描写) 客観的に事実を伝える
Explanation(説明) 自分の意見や感情を伝える
Suggest(提案) 相手の求めているものを解決策として提案する
Choose(選択 ) 提案の実行/不実行による結果を伝える

 

例えば、上司からどうしても無理な案件を言われた場合
D) 客観的に事実を伝える このスケジュールでは仕事を受けられないと伝える
E )自分の意見や感情を伝える 仕事は受けたいが、このまま引き受けてしまうと迷惑がかかると伝える
S )相手の求めているものを解決策として提案する 受注可能なスケジュールや、業務の分割を提案する
C )提案の実行/不実行による結果を伝える 提案した内容であれば受注可能で、要望を満たせることを伝える

このように、自分の主張を4段階で分析して具体的に伝えることで、お互いに良い方法で解決策を探ります。

I(アイ)メッセージ

Iメッセージとは、自分の意見や気持ちを言葉にするときに「わたし」を主語にして言い換えることです。

逆の言い方を YOUメッセージと言います。

「あなた(YOU)の言ってることはおかしい」と言うと、YOUメッセージになり、いい解決方法には至らない気がします。

「私は、こういう考え方もできると思うよ」と言い換えるのがIメッセージです。

相手を責めたり、意見を押し付けるような印象になることを避け、自分の言いたいことを適切に伝えることができます。

言語的アサーション・非言語的アサーション

DESC法とIメッセージは言語的なアプローチ方法ですが、言語でないボディランゲージといったアプローチも重要です。

人は、コミュニケーションをとる際、話している内容だけでなく、表情や態度、声のトーン、身振り手振りなどから相手の気持ちや感情を判断しています。

話をしている相手が、不機嫌そうな表情や怒ったような声でしゃべっていたら、不安を感ます。

非言語コミュニケーションを意識することで、相手とより円滑な関係を築きやすくなります。

アサーションのまとめ

以上、アサーションについて書きましたが、これは一朝一夕では出来るものではありません。

しかし、日常、アサーションという概念を意識することが、大きな一歩であると思います。

また、相手の態度に関しても、アサーションを意識すれば、短気になたりカチンとくることも少なくなるように思います。

今日も、ご機嫌に過ごしましょう!!

最新情報をチェックしよう!
>個人鑑定のおすすめとご案内

個人鑑定のおすすめとご案内

あなたの本来の生き方と幸せをサポートします。 あなたのホロスコープを知り、あなたの味方にしましょう。